高市山村日記

愛媛県伊予郡砥部町高市にある「砥部町山村留学センター」の、非公式連絡ブログです。 現留学生関係者は勿論、OB・OGや保護者の方、学校・センター教職員の方も是非御参加ください。

高市山村日記へようこそ。子供も親も元気になる高市の山村留学。子供たちを満たし成長を促すその実力と、日々のできごとをそのままご紹介します!

★ 高市の山村留学をご紹介  高市での生活ってどんな感じ?
★ 留学生保護者のインプレ   実際留学させてどうだった?
★ 山村留学 始まりの瞬間   子どもが「行く」と言ったとき
★ よくある質問   山村留学を検討中の保護者さんへ



※ 高市小学校は、平成28年度で閉校しました。
平成29年度からの高市の山村留学は、新生・広田小学校で継続いたします。
(バス通学で約6分です)

当ブログの平成28年度までの情報は、高市小学校と連携した状態での山村留学制度に関するもです。平成28年度の山村留学に限定した情報として御利用ください。

高市小学校

閉校記念誌の原稿を募集しています

高市小学校卒業生、元山村留学センター留学生、在校児童、元教職員の皆さまへのお願い

高市小学校卒業生、元留学生、元教職員、在校児童の皆さま、ご存知のとおり平成28年度をもって高市小学校は閉校となります。
そこで高市小学校閉校記念事業実行委員会では閉校記念誌を作成することとなりました。
記念誌の皆さまの思い出のコーナーは、皆さまの想いや写真を散りばめた温かなページになる予定です。
高市小学校への皆様の想いのこもった記念誌にするために、是非高市での宝石のような思い出やエピソード、写真を寄稿お願いします。

【内容】 
高市小学校での思い出や行事のエピソード、写真やイラストなど高市小学校に関係するものであればどんなものでもOK。原稿は1行程度のコメントから400字程度の思い出までボリュームは問いません。箇条書きでもOK
(例えば子どもの日祭りの「釜揚げうどん美味しかった~」などの一言コメントであれば釜揚げうどんの写真の横に吹きだし又はページ下の帯に使えますので、一言つぶやきから、どのようなボリュームであっても結構です。)

【対象者】
高市小学校関係者(卒業生、元留学生、在校児童、元教職員、元保護者、現保護者など)

【締切】
平成28年8月末

続きを読む

高市の人・自然・文化とのつながり〜その1


■重要■ 平成28年度を最後に、高市小学校の廃校が決まりました。
 この記事は、現在までの山村留学生保護者の経験談を基にしています。これは高市小学校と連携した状態での山村留学制度に関するものであるため、平成28年度までの山村留学に限定した情報として御利用ください。


高市では、 なんと!

地域のみなさん全48戸がPTA会員となって、

小学校を盛り立てて下さっています。


毎年、たくさんのな体験授業や交流が行われますが、

「地域のみなさんの温かい人情と、小学校への深い思い」

に支えられているんですよね。

「地域の人・文化・自然としっかりつながることができる!」

これこそが、高市・山村留学の大きな魅力だと思います。



⬆︎ ⬆︎ ⬆︎ 小学校2階の多目的室に掲示されています。

「地域の人・歴史とのかかわり」を一部ですが、紹介しましょう(^^)

⭐️『カッコ内』は、学校HPの校長先生記載の内容です
続きを読む

先生お別れ会&おやつBBQ

ポカポカ暖かい2月28日・日曜日、

センターの子供たちをボランティアでご指導くださった

菅野先生の別れ会がありました(^^)

まずはみんなで「贈る言葉」を熱唱 ♪


ひとりひとりからのメッセージや…


花束もプレゼントして…



最後は、ひとりずつ握手をしてお別れです。。。

先生はこれから宮城でご活躍なさるそうです。

約2か月間、ありがとうございました! 


続きを読む

山村留学はじまりの瞬間〜小6Sの場合

愛媛新聞に、山村留学をひかえた親御さんの

投稿が載るシーズンとなりましたね(^^)

一度経験させると、次々と山村留学させたく(したく)なる!

いかに高市での山村留学が素晴らしいかの証しだと思うのは、

私だけではないとおもいます^ ^




さて、とうとう3学期も残り1ヶ月となりましたが、

息子Sが自分で行く!と決めた時のことを

書いておこうと思います。
続きを読む

平成28年度留学生の募集案内

 高市小学校の公式HPに、砥部町山村留学センターの「平成28年度留学生の募集案内」パンフレットがUPされています。山村留学の魅力を伝える情報としては全然足りませんが、公式資料ですので山村留学に関心をお持ちの方はいちど目を通してください。

 応募要件では11月から面接開始で12月末締切になっていますが、いずれも「かなり」柔軟に対応して頂けます。親子で体験入所頂くと、センターでの生活が良くお分かり頂けると思います。遠方の方は旅程が大変かと存じます。週末に田舎のロッジへ遊びに行く感覚でお越しください。ちなみに宿泊費は、食事代の数百円だけだったと思います。

 元気な子供たちが歓迎致します!

(仮管理人N田)
高市山村日記
最新コメント
記事検索
お気軽にお問い合わせください

砥部町山村留学センター
089-969-2310
メールでのお問い合わせはこちら
メッセージ
  • ライブドアブログ