高市山村日記

愛媛県伊予郡砥部町高市にある「砥部町山村留学センター」の、非公式連絡ブログです。 現留学生関係者は勿論、OB・OGや保護者の方、学校・センター教職員の方も是非御参加ください。

高市山村日記へようこそ。子供も親も元気になる高市の山村留学。子供たちを満たし成長を促すその実力と、日々のできごとをそのままご紹介します!

★ 高市の山村留学をご紹介  高市での生活ってどんな感じ?
★ 留学生保護者のインプレ   実際留学させてどうだった?
★ 山村留学 始まりの瞬間   子どもが「行く」と言ったとき
★ よくある質問   山村留学を検討中の保護者さんへ



※ 高市小学校は、平成28年度で閉校しました。
平成29年度からの高市の山村留学は、新生・広田小学校で継続いたします。
(バス通学で約6分です)

当ブログの平成28年度までの情報は、高市小学校と連携した状態での山村留学制度に関するもです。平成28年度の山村留学に限定した情報として御利用ください。

takaichisanson

コクゾ峰登山案内(2017/05/03)

コクゾ峰登山案内(2017/05/03)

 参考コースタイム:
 車の置ける三叉路から徒歩で 約40分
 山村留学センターから徒歩で 約90分


 急登は無く、道も広い安全なコースです。

----------

 探検部N田です。
 林道の更新に伴い、従来の登山案内では一部分かり難くなったので、こどもの日祭り終了後に現状調査と道標の整備をしてきました。
 近日中に登山案内も更新致します。

----------

 高市集落内・山村留学センター前の車道から、石神地区に向かって入山します。途中ループ橋がありますので、橋下を左折してください。高市小学校から先端のみ見える鉄塔と畑を過ぎ、急カーブを2つ折り返すと林道の入口です。

170503_1
道標1 緩い右カーブの先です。ここからダートになります。

 200mほど進んだところに3叉路があります。本ルートは左へ進みます。

 ※右へ進むと最短距離で山頂へ至る主稜線ルートです。通信施設のある稜線から尾根へ入っていきますが、道はありません。夏場は一部藪が深いです。通行される際は充分注意してください。
 ※車が置けるところは複数ありますが、林業の都合で変わるため、邪魔にならないか轍を見て都度判断されてください。


続きを読む

※ 障害情報 ※

仮管理人N田です。

ただ今、山村日記の表示に異常が発生しています。
少し前まで異常無かったので、04/16の記事中に問題があると思われます。HTMLをチェックしますので、しばらくの間、記事編集と投稿を控えてください。

※過去に発生した案件の殆どは、コピー&ペーストする際のミスが原因のようです。
ソースをコピーする際には、範囲指定を誤ってタグの一部を欠損させないよう、ペーストの際はペースト位置を誤らないようご注意お願いします。

19:05追記
 HTML欠損がありました。修正完了しました。

22:16追記
 04/15の記事に異常が発生しました。HTMLをチェックしますので、しばらくの間、記事編集と投稿を控えてください。

22:28追記
 04/15の記事に不完全な不要タグが見付かり、これを削除して復旧しました。

19人の子供たち、ようこそ高市山村へ。

 仮管理人N田です。
 19人の子供たち、ようこそ高市山村へ。

 N田家は、平成24年度より4期・延べ8名の息子が高市でお世話になっておりまして、センター長によれば歴代一番のヘビーリピーターだそうです。子供らの意思により今年度は留学させていませんが、来年度以降またお世話になることを前提として、引き続きお手伝いさせて頂ければと考えております。29年度保護者の皆様、分からないこと等あれば遠慮なく御連絡ください。宜しくお願い致します。

----------

 高市の山村留学は、「小学校教育のひとつの選択肢」でございます。今回の留学機会は、多くの子供らにとって人生初の重大な岐路だったと存じます。その決断ができた時点で、子供らはもう大きな一歩を踏み出しています。あとは安心して1年間、全国屈指の質と規模を誇る高市にお任せください。

 いきなり全力で高市アピール(笑)致しましたが、それなのに(おそらく)全国最安のコストとは有難い話ですよね。これは勿論、収支なんて度外視しているから。この山村留学センターは、旧広田村時代に郷を想う地元の意思から誕生したものです。これが子供らの心を満たし磨き上げる、高市の暖かさの源流でございます。
 ある意味不自由な大家族の生活は、全員が主役となります。手放しで支援してくれる親は居ないし、各々が役割を果たさなければ何事も前進しません。サボったり、へそを曲げたりすれば自分が損します。程なく、頼り助けあうことを相互に学ぶでしょう。このなかで、子供らは自立心と自尊心を無理なく育んでいきます。その結果、自分に変化を感じて満足感を持てたなら、もう上昇気流に乗っています。勉強面は極少人数クラス故に大変恵まれていますし、傾斜地で遊べば、放っておいても体力も充実してきます。あとは度々親の予想を超えてくる、その成長を見守ってあげてください。

----------

 高市山村は、私たち保護者も楽しく関わることができます。必要なことは、「子供たちと一緒に楽しむこと」だけ。元気に飛び回る子供に苦情を言ってくる人も居ませんし、大規模PTAにありがちな殺伐とした関係も高市にはありません。参画といえば大げさですが、何せ全国から奇跡的に集ったメンバーでございます。是非一緒に楽しまれてくださいね。

----------

 さて、保護者の皆さんが次回おいでになるのは「子供の日祭り」でしょうか。例年、我が子の成長振りに感激して泣いてしまう方が何人かいらっしゃいますよ。

 再会をお楽しみに!

高市練レポート@ラストかな。

 仮管理人N田です。

 ダイエット継続中でございます。仕事あがりのトレーニング、600kcal程度の運動量を目安にしておりますが、本日は少し欲張ろうと思い高市練にしました。松山市内から高市まで行くと、だいたい1,400kcal前後稼げます。

 下界は14℃と随分暖かくなりました。もうウインドは要りません。本行程から、自転車のメーターに消費カロリーを表示してみました。上りでは3~4秒毎に1kcal。イイヨイイヨ~なんて思いながら上尾峠を越えると・・・当然ですが下りでは殆ど増えませんねぇ。ガシガシ回して稼いどきました。

----------

 18:15センター着、夕食中です。もう一部の子は食べ終わっていましたが、いつもより子供らがおとなしいような気がするなぁ。本日の当直はU指導員・・・もしかして厳しいんかな(^^;。

 ホールで少しダラけてから補給を摂ろうと腰を下ろすと、U指導員が何やら言ってます。「Y奈、とーちゃんに診てもらえ。」 何だって?? どうやらY奈さんは、栗のイガみたいなのが溜まった藪に足を突っ込んだようで、足首に棘が刺さっているんだとか。自転車のライトを外してきて観察・・・何やらいろいろ点々が見えますが、肌の小傷と異物の区別がつきません。自分で触らせチクチクするところを特定し、K星に観察させると・・・「あった!」
U指導員がライターであぶった、クナイのような針(昔ながらの棘抜き専用治療器具だそうです)で削るように促したところ、あっさり取れてくれました。

 うん?T君が何か言ってる。「お茶あげる。自転車で来たら水分補給が必要だ。」って、自分の湯のみを差し出します。水分補給云々なんて、どこで覚えるんでしょうか、有難く頂きました。

 改めて補給を開始。K星がバックポケットから勝手にカメラを持って行ったので、好きに撮らせてみました。

170314_1
何だこれ?

170314_2
反射材が光って、PerfumeのPVみたい。

170314_3
何で顔を切るかな。わざと?

170314_4
「鼻を弄った瞬間が撮れた」と喜んでいました。

170314_5
TVの前その1。Y君・T君は宿題。

170314_6
TVの前その2。A智君が変顔しています。いま高市小でちょっと人気らしい。

170314_7
TVの前その3。何かカメラ目線。M希さんは毎度安定の読書スタイル。

170314_8
Y希君、変顔。僕がアホ面していますけど、眩しかっただけです・・・まぁアホですけど。

 1年生たちは、3人でごみ箱を囲んで無心にデコポンを剥いていました。

----------

 さてさて、名残惜しいが帰ろう。いつも通りY奈さんがお見送りしてくれます。グータッチして玄関を出た後、メーターの電源入れたりしていると、結局表まで出てきてくれました。それを見ていたY輝君も。ホールの窓から見ていたH野さんも出てきた。

170314_9
フラッシュ焚くと雰囲気が分からないため自転車の明かりだけで撮りましたが、ブレましたね。

 閉校式の話なんかしていると、R地も出てきた。いろいろ話があるもんで、10分位は立ち話したと思います。さあ帰らなきゃ、みんな有難う、おやすみ、ばいばい。

 19:02の外気温は6.0℃、スタート直後はウインドブレーカーが必要ですが、随分暖かくなりました。向かい風に抗いながら、20:10帰着。これが今年度最後の高市練になるかもな・・・。

----------

 本行程は往復63.92km、1,346kcal消費で、補給はいつもの羊羹150kcalを往・復それぞれ1個ずつ。胴体タンクの消費量1,046kcalで、めでたく大赤字でございました^^。

高市練レポート@凍結注意。

 仮管理人N田です。気持ちの良い好天につき、02/15夕方の日課練は高市にしました。

 高市の18時の予想気温は4℃。まぁ実際2℃か、その位でしょう。上尾峠周辺は路肩に残雪があるものの、問題無く進行。田渡までブッ飛ばし、あとは上り返せば到着だぜって思っていると・・・(!)

170215_1
全面凍結しています。この流水っぽい黒い部分、全部薄い氷です。

 高市をナメてはいけませんね。日中の陽気で雪がいちど融け、夕方再凍結した最悪パターンです。気温は2.1℃あったので問題無いと判断していたものの、カッチカチに凍っていました。勿論自転車を降りて押しましたが、ステアリングに関係なく車体が勝手に流れていくような凍結振り。同様の場所が3箇所あって、谷バイパスが最も酷かったです。

 随分時間を浪費し、18:18センター到着。「20分までは晩飯の時間じゃ、座っとけよ~。」早く食べ終わった子供らが待たされているようですね。
 補給を摂った後、センター長がコーヒーを入れてくれました。非公式閉校事業のタイムカプセルのことなどを事務室で話したら、早々に帰り支度です。靴を履いていると、誰か背中に乗ってきました。Y羽君じゃないか。

 いつものY奈さんと、今日はセンター長もお見送りしてくれました。
 玄関前から快晴の宙を見上げます。コクゾ峰を飾る、賑やかな冬の星々。「仔犬座あれ?」「あれは双子座。仔犬座はそっちだね。下の明るいのがシリウス。」「あー、あれがシリウスか。」「真上の星がゴチャゴチャ固まってるのがプレアデス星団ね。あっ、人工衛星飛んでる。」

170215_2
Y奈:「どこ?どれ?あー見えた。」 C長:「わしは見えんわ。」

 こんどレーザー持っているときに、また説明しようわい。じゃあね。
 凍結地帯は勿論、歩きです。外気温は-0.2℃まで下がっていました。

170215_3
帰路、上尾峠を詰める先には、立ち上がる北斗七星。

 今朝、新聞を取りに出ると、昨年5月に子供らと観た木星の輝き。東寄りには、さそり座と土星。いずれも、季節の移ろいを実感させる景色です。昨年の今頃も、同じようなことを感じた気がします。後に、喪失感みたいなものに苛まれるんでしょうね。

----------

 皆様、道路状況には御注意ください。今回同様の場合、夏タイヤでは動けなくなると思われます。

チーム高市山村・愛媛マラソンダイジェスト。

 N田・Y子の応援分隊、09:00過ぎにスタート会場入り。
 スタート整列のレーンで待ち伏せします・・・TBS父さん発見!

170212_1
お~、県庁をバックに清々しい(^^)。

 少し体調に不安があるとのこと、気張ってくださいよ~。09:40ゲート閉鎖、山さんは発見できず。既にレーンの中ほどに整列済みとのこと。見逃したようです。

----------

 JR松山駅から堀江駅へ移動。ここでTBS父さんの御家族と合流する予定です。僕は写界確保のため、若干上りになっているトンネル手前に陣取りました。最大望遠でチャートイエローのバンダナまたは帽子を捜索します。

170212_2
TBS父さん捕捉!

 ドクタ~、ドクタ~!!

170212_3 (2)
まさかの気付かずスルー(´д`)?

 撮影し易いよう、左端を走る段取りだったのに・・・いや、仕方無い。しかしスタート整列ではグループ最後尾だったのに、山さんより先に現れるとは。アゲていらっしゃいますな。さあ、次は山さんを探しますよ。

170212_3
蛍光黄色捕捉・・・確認、これは間違い無い!

170212_4
いぇーい、山さん頑張れ~!!

 いちおう、2人の通過をTBS父さんの御家族に連絡・・・到着が遅れて見逃したとのことでした。
 柳原駅へ移動し、キツくなってくる復路30km手前辺りで応援しようと思い堀江駅へ戻ります。しかし丁度良い電車がありません。見逃す恐れがあるため、N田分隊は堀江に留まることにしました。

 コース反対車線へ。既に復路コースは先頭通過済みで、速いランナーたちが続々通過していきます。いや~凄いな。ここでも写界確保のため高い位置へ陣取ります。現在地は34km辺り。ランナーズアップデートの30km通過時刻をチェックしながら待ち受けます。30km地点は数分差でドクター先行。

170212_5
おっ、山さん発見!

170212_6
良かった、元気そうです。

170212_7
いぇーい、ゴールで会おうぜ!

 数分差だったからドクター見逃したんやろか・・・なんて言っていると・・・!

170212_8
発見!

 今度は絶対にスルーさせんけん。
 こみなとー!!!
 って大声で叫んでやりました(^^)。

170212_9
あはは、笑顔になりましたよ。

 体力も体調も大丈夫だけど、脚が攣りそう・・・とのこと。
 カメラ抱えたまま、ほんのつかの間の併走。N田は異種だけど分かる、もうダマして進むしか無いこと、分かっていますよ。

----------

 お二人を見送り、満員電車でゴール会場へ戻ってきました。山さんはゴール済み、ちょうどTBS父さんの名前が読み上げられた瞬間でした。皆さんと合流し、記念撮影。

image

 山さん、TBS父さんお疲れ様でした。しっかり休足なさってくださいね。僕はマラソンの応援・・・いや応援自体が初めてかもですが、楽しかったです。もう次回が視野に入っていることでしょうね(w。

チーム高市山村? 愛媛マラソン出走!

 第55回愛媛マラソン、明日02/12(日)10:00堀之内スタートです。
 我らが「山」さん、「KOME父」さんが、ゴロジャージで出走されます。

 N田、Y子はゴロウインド着て応援に参ります。
 09:00頃スタート会場に立ち寄った後、10:45頃~、堀江駅付近コースで観戦する予定です。

170211_1

170211_2
応援うちわも作りましたよ。

 ランのダメな僕が言うのも申し訳ないんですけど、お二人とも全力で楽しんでくださいね!

※公式サイトで、ランナーの現在位置目安を検索可能です(^^)/~。

高市練レポート@ダイエット中。

 咋秋、H君のお父さんに教わったペペロンチーノのレシピが物凄く美味くて、毎週末作って3人前くらい食べていたら、少々太ってしまった仮管理人N田です。

 今日の高市は18時の予想気温が6℃と好条件、業務を15分早く切り上げ出撃しました。連日のダイエット(笑)で疲れが溜まっているため、ゆっくり進行です。

170202_1
万年バイパス最後の工事区間。

 舗装が終わっていました。接続工事とライン引きで完了でしょうかね。思い返せば万年トンネルが完成したの、我が家初の山村留学となった5年前でした。旧道を通って面接に赴き、完成したばかりのトンネルを通って長男・次男を送り出したんだっけかな。

----------


 18:25頃到着。玄関脇に自転車を置いていると、1年生たちが窓をバンバン叩いて歓迎。分かった、分かったって。T君は表まで出てきてくれました・・・って、汁椀持ったまま、しかも裸足で出てきちゃってます。まぁともかく有難うね(^^;。

 ちびっとホールにお邪魔します。すぐにヘルメットを持って行かれました。

170202_2
珍しくY奈さんが被ってます。
カメラを向けると逃げてしまうH斗君、Y奈さんと一緒だとご機嫌。

 まずは帰りの分のエネルギー補給を試みますが、まぁ狙われますね。
 ホールは概ね勉強チームと遊びチームに分かれている様子。騒がしくても全く問題無いようで、しっかり集中できていました。これは集団生活の賜物でしょうね。ヘルメットがいろんな子のところに回されてますよ。

170202_3
腕を伸ばし、ノーファインダーで撮影。
手前は花札大会、中央奥は勉強中。
僕は画面手前でK星とY奈さんに敷かれてます。

 さて、帰りますよ~、子供数人に圧し掛かられて立ち上がれない・・・。学習発表会の準備やらで明後日来るけん、離して・・・。

170202_4
お見送りはY奈さんだけ。彼女は必ず見送ってくれます。

 18:50、帰途に就きました。
 外気温は3.1℃、田渡までの下りが寒いものの先週の比じゃないですね、問題ありません。

170202_6
気温はどんどん下がり、上尾峠は1.8℃でした。

 ゆっくり進行で20:05帰着。
 N田、多少でもセンターの日常をお伝えしようと高市練レポートを行って参りましたが、doigさんの超活躍でこの点は安心でございます。本当に有難うございます。

 さあ、今年度もあと7週間。別れもまた人生の糧となる訳ですが、やはり寂しさが先に立ってしまいますね。子供たち、高市の暖かさをしっかり享受しながら、良く学び、しっかり遊べよ。

11/26朝・閉校記念誌ロケ。

 仮管理人N田です。

 高市小学校は、144年にわたり谷間に響く子供たちの笑い声とともに在りました。今年度でその歴史に幕を下ろします。

----------

 閉校にあたり、閉校記念誌が発行されます。地域と一体で子供たちを見守ってきた高市ならではの、未来へ繋がる記念誌にしたいとのこと。部会の活躍で着々と編集が進み、もう大詰めかと存じます。N田は部会員ではありませんが、写真班として幾度かお手伝いさせて頂いています。

 今回は補完画像が何点か必要とのことでお呼びが掛かり、朝イチでセンター待機していました。さすが山間部で、早朝の外気温は約0℃、霜が降りていました。

 谷に陽が入り出す頃、部会員のプカリン氏が現れロケ開始。

161126
雨予報でしたが、雲ひとつ無い快晴です。

 勿論、子供らがついてきます(^^)。

続きを読む

11/14はスーパームーン!

 仮管理人N田です。

 2016/11/14はスーパームーンです。
 満月は22:52で、ほぼ最接近距離である35.65万kmです。

 センター前から見ると、19:20頃にコクゾ峰の稜線上から出てきます。

161102
センター前付近からの見え方を数値地図でシミュレート。高度は25.3度です。
中央左寄りの薄黄色の丸が月、下半分の暗緑がコクゾ峰の山体です。

 平均的な月を10円硬貨とすれば、500円硬貨に相当するんだとか。明るさも3割増しだそうです。

 センター長、話のタネに子供らに観せてあげてくださいませ。
高市山村日記
最新コメント
記事検索
お気軽にお問い合わせください

砥部町山村留学センター
089-969-2310
メールでのお問い合わせはこちら
メッセージ
  • ライブドアブログ