高市山村日記

愛媛県伊予郡砥部町高市にある「砥部町山村留学センター」の、非公式連絡ブログです。 現留学生関係者は勿論、OB・OGや保護者の方、学校・センター教職員の方も是非御参加ください。

高市山村日記へようこそ。子供も親も元気になる高市の山村留学。子供たちを満たし成長を促すその実力と、日々のできごとをそのままご紹介します!

★ 高市の山村留学をご紹介  高市での生活ってどんな感じ?
★ 留学生保護者のインプレ   実際留学させてどうだった?
★ 山村留学 始まりの瞬間   子どもが「行く」と言ったとき
★ よくある質問   山村留学を検討中の保護者さんへ



※ 高市小学校は、平成28年度で閉校しました。
平成29年度からの高市の山村留学は、新生・広田小学校で継続いたします。
(バス通学で約6分です)

当ブログの平成28年度までの情報は、高市小学校と連携した状態での山村留学制度に関するもです。平成28年度の山村留学に限定した情報として御利用ください。

地域行事

高市ホタル観賞会のお知らせ

高市名物ホタル観賞会のお知らせです。


高市川沿いは街灯もなくホタルの数も多いためとても幻想的です
砥部町役場から車で約25分です。
どなたでもご参加できますので是非高市まで遊びに来てください。


【日時】 6月10日土曜日 17時~
【場所】 高市小学校屋内運動場裏付近

☆地元有志によるバザーもあります☆
焼きイカ、焼き鳥、焼きそば、から揚げ、コロッケ、フランクフルト、おにぎり、かき氷、ジュース、ビール
焼き鳥50円~焼きそば300円

ほたる

山村留学生も参加しますし、山村留学センターももちろん開いており職員もおりますので
山村留学にご興味のある方はセンターをのぞくことも可能です♪
是非お声かけください☆

砥部町のHPはこちら
http://www.tobe-kanko.jp/news/2014/05/000016.html


子どもの日祭り!〜裏方編

5月3日に 新しい広田小学校の行事、「こどもの日祭り」が

開催されました。

こんにちは!平成27年度OBの浜ちゃんです。


現・保護者さんの記事はまたアップされるかと思いますので

今日は裏方目線での記事を書いてみます〜♬


高市の里、ツツジや八重桜がきれいに咲いていました。

ここにくるとホッとします(^_^)
 

続きを読む

10/23高市秋祭り。

 仮管理人N田です。
 主観になりますが、私からも秋祭りの様子をお伝えします。

----------

 舎儀利(しゃんぎり)

 古老の書籍によると、天保時代(1830-1844・江戸時代)に、石野の住人が旅先で覚えて帰った笛の譜を源流とするそうです。これが神事に組み込まれ、神輿渡御(とぎょ)の先祓いを務める演芸として受け継がれてきたとのことです。

161023_3
今年のフルキャスト。出発前の記念写真です。

続きを読む

地方祭、アップできてるかな。

今日は地方祭お疲れ様でした!子供達みんな頑張ってましたね!とても楽しかったです^_^ゆっくり休んで下さいねー!子供達も爆睡してるかな(o^^o)
IMG_7617
続きを読む

ロケハン&獅子舞練開始。

 仮管理人N田です。
 仕事上がりに、閉校記念誌のロケハンと、高市温泉の回収へ行ってきました。

 明るさがあるうちに急いで画角確認。人間のサイズ感が分かり難かったので、センターから暇そうなやつらを連れてきて、協力してもらいました。お陰で滞りなく完了。

161003_5
記念写真撮ろうと声を掛け、校門で1枚。

 高市温泉を積み込んだら帰る予定でしたが、本日は獅子舞の練習初日です。この様子を覗いてから帰ることにしました。

----------

 練習は高森三島神社で19時から。配役を頂いた6名だけの参加です。漆黒の森のなか、照明は裸電球1個のみ。

161003_1

 表情を撮っとこうと思って前へ回ってカメラを構えると・・・

161003_2
ひとりだけしっかりカメラ目線でポーズ、さすが。

161003_3
振りつけ練習が始まりました。

 初回練ですが・・・うん? 基本動作はできるみたいです。そうか、高市の秋祭り、K星は3度目、H君、Y輝君は2度目なんだな。子供の間で既にあれこれ教えあったようです。今回は舎儀利担当で覗きに来ただけのY奈さんも、狐の振りが少しできるようでした。

161003_4
孫の説明を真剣に聞くK生くん。

 練習の邪魔にならないよう、Y奈さんとH斗くんを連れセンターに戻りました。H斗くんは配役が欲しかったと訴えていました。狐がやりたかったんだって。素晴らしい積極性ですが、1年生には難しいかな。

 子供らと少し世間話(?)をしてから帰路へ。
 あ~楽しい時間でした。

----------

 高市地方際は10/23(日)です。
 自信に満ちた表情で演じ切る子供らの様子を、是非御覧頂きたく存じます。

お待ちかねの、子どもの日祭りだ!

(平成28年度・留学生16名をふくめ全校児童18名)

5月3日、高市小学校の恒例行事である

「子どもの日祭り」

開催されました。

今回が最後…です。

校長先生によりますと、

少なくとも昭和51年には(名称は異なるものの)

すでに開催されていた、との資料が残っているそうです。



↑写真は昭和47年度の「秋季大運動会」で

「ジェンカ」を踊ってるところ?

(学校HPより)



続きを読む

高市の人・自然・文化とのつながり〜その1


■重要■ 平成28年度を最後に、高市小学校の廃校が決まりました。
 この記事は、現在までの山村留学生保護者の経験談を基にしています。これは高市小学校と連携した状態での山村留学制度に関するものであるため、平成28年度までの山村留学に限定した情報として御利用ください。


高市では、 なんと!

地域のみなさん全48戸がPTA会員となって、

小学校を盛り立てて下さっています。


毎年、たくさんのな体験授業や交流が行われますが、

「地域のみなさんの温かい人情と、小学校への深い思い」

に支えられているんですよね。

「地域の人・文化・自然としっかりつながることができる!」

これこそが、高市・山村留学の大きな魅力だと思います。



⬆︎ ⬆︎ ⬆︎ 小学校2階の多目的室に掲示されています。

「地域の人・歴史とのかかわり」を一部ですが、紹介しましょう(^^)

⭐️『カッコ内』は、学校HPの校長先生記載の内容です
続きを読む

あっぱれ!学習発表会

学習発表会が終わって二週間もたつというのに、
今もじわーーっと感動に浸っている浜ちゃんです^ ^



小6の息子&私たち親にとって初めての高市・学習発表会。
話しには聞いていたけれど、子供達の輝きには
ほんまにびっくりポンでした‼️

よさこいソーラン節

はじまってすぐ…「え!あれSなん? ホントに??」と、
二度見⁈いや三度見してしまったのであります。



振り付けを完璧に覚えているのはもちろん、
動きがキレッキレで、しゃがんだり跳んだりのリズムもぴったり!

腹に力が入って体の軸ができてるし、
指先まで、しっかり神経が行き届いているではないですか!
(すんません、リハビリの仕事柄つい動きに目が…) 

「体だけじゃなく、心でも踊っている!」
そう感じました。


続きを読む

最後までちゃんと頑張る!


■重要■ 平成28年度を最後に、高市小学校の廃校が決まりました。
 この記事は、現在までの山村留学生保護者の経験談を基にしています。これは高市小学校と連携した状態での山村留学制度に関するものであるため、平成28年度までの山村留学に限定した情報として御利用ください。


寒い日が続きますね。
愛媛なのに、雪がちらついています。


そんな中、
今日は砥部町主催のゆとりマラソン
高市っ子も参加しました。

集合からスタートまで時間があったのが
幸い・・・してか
子供と駆けっこをして筋肉痛の私です・・・

小学生はゆとり公園の周囲を二周する4キロのコースです。

位置について・・・よーい・・・
securedownload[2]

どん!!securedownload[1]


高市っ子は黄色のTシャツです。
目立つので見つけやすい!

securedownload[4]
みんな頑張って走ってます!
IMG_0360



最年少R君!がんばれ~!

IMG_0373

そして最後まで頑張ったのはs君

IMG_0375


















1キロすぎたころからバテ気味だったSくん。

2週目は足が動かなくなってきていましたが、
地元の野球チームの男の子や
先にゴールした仲間の声援を受けるたびに
足が前に前にと力がついているのを感じました!

最後の坂、本当にしんどかったと思いますが、
S君、最後までよく頑張りました!

苦手なことも最後までちゃんと頑張る、
頑張る仲間を応援する、その声に応える・・・

そんな姿は見ている人に感動を与えたのでは


終わった後は砥部のファミレスでお昼ご飯

皆、しっかり食べて、しっかり楽しんでました


高森三島神社秋祭り   高市を知ろう

高森三島神社 秋祭り 少し調べてみました。 

舎儀利  
本来は笛の譜名でしたが、芝居の鳴り物として使われるようになり、神事に取り入れ
御輿の渡御に先立ち提婆(鬼人)とともに道祓い、悪魔祓いの意味をもつようになった。
舎儀利は、高市のほか隣接する中山、内子にも残っているようです。
IMG_3933

ところで提婆とは?
愛媛の地元では「鬼」のことを「ダイバ(提婆)」とか「ダイバン(大藩)(大蛮)」と呼ばれることが多いです。       
お祭りに出てくる「鬼」の手に持っているものは、「鬼に金棒」ではなく、ささら竹。               
これで体のわるいところを叩かれると治るとか、無病息災だとも言われます。
また、ダイバというのは仏教で釈迦(シャカ)の修行の邪魔をしていた提婆達多(ダイバダッタ)に由来するのかも。  神教と仏教が融合?  なんとも日本的ですね!
JPG 戒勇ましい装束に足袋、下駄履き

お練り   
舎儀利に続いてお練りの一行がお旅所を目指します。
これが(お旅練り)といわれるもので舎儀利を先頭に提婆、狐、猿、猟師、爺、孫、お福(オヤス)、〈成前〉獅子の順に並んで練りながら進行(順番は変わるのかな?)
IMG_3981

巫女神楽(鈴神楽)  
お旅所の祭壇前で二人の巫女による「浦安の舞」の奉納
荘重典雅な女舞  凛とした気持ちになります。
IMG_4021

浦安の舞とは?
1940年(昭和15年)11月10日に開かれる「皇紀2600年奉祝会」にあわせ、全国の神社で奉祝臨時祭を行うにあたり宮内庁で作られました。
奉祝会当日、午前10時には全国の神社で一斉に奉奏された。それ以来いまでも盛んに舞われる巫女舞です。
全国共通です。
浦安の舞は一人舞、二人舞、四人舞で舞われる。正式には四人舞だそうです。
前半の扇舞と後半の鈴舞があります。

歌詞は?
1933年(昭和8年)昭和天皇御製
天地(あめつち)の神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を が神楽の歌詞となっている。
平和を祈った歌ですね。

浦安の意味は?
うらは心を指す古語であり「うらやす」で心中の平穏を表す語であるとされるそうです。
平和を祈る心の舞となりますね。

余談ですが、当時全国各地で講習会が開かれたそうです。外地の神社(朝鮮、台湾)にも講師を派遣したそうです。
その全国規模の講習会と奉奏の徹底は神社における神楽舞の普及に貢献したみたいですね。
今なお受け継がれています。


続きを読む
高市山村日記
最新コメント
記事検索
お気軽にお問い合わせください

砥部町山村留学センター
089-969-2310
メールでのお問い合わせはこちら
メッセージ
  • ライブドアブログ