仮管理人N田です。

 高市練、今年度初運行でした。本当は月曜日に行こうと思っていましたが、体調が怪しくて途中でくじけたことは秘密にしといてください。

 砥部町の21時の予想気温は15℃でした。高市の標高を加味しても帰路10℃程度はあるだろうとのことで、短パン生脚の準夏仕様で出撃しました。鍛錬をサボっていた割には良く脚が回り、松山市近郊から1時間7分で山村留学センターに到着できました。時刻は18:28、殆どの子は夕食が終わっている感じかな。
 玄関で靴を脱いでいると・・・!

「誰か来た!」「NPや!」

 NP=28年度の留学生が付けた僕の通称です。今年度の留学生のうち3人はリピーターのため既知です。この声はA智君でしょう。初見の子供らはだいたい、サイクルジャージにヘルメットの変なオッサンを警戒して大人しく座っているモンですが、今年の子はそうでないみたい。C長の制止を振り切って・・・か否かは分かりませんが、顔を上げると半分以上の子がホールの扉まで出てきてくれていました。茶碗持ったままの子もいますよ。このときの言動で、今年度のお調子者がだいたい分かりました(^^;。

「出迎え有難うな。だがな、メシのときは席を立っちゃダメだ、ほらほら、全員戻れよ~。」

 割と素直に戻ってくれました。さっきアタリをつけた2名を除き・・・(w。
----------

 まずは、いつもの場所から1枚撮っておこう。

180418_1
頭上にカメラを上げてのノーファインダーです。
1班と3班とC長、見切れてごめんよ。

 夕食が終わった子から片付けます。班によっては手際良く数人分を整理して調理室へ下げていますが、こういうシーンあまり見たこと無い気がします。高市に来てまだ2週間少々ですかね、慣れたもんです。

 今日初対面のW君が「ちょっと来て欲しい。」なんて言います。「何だよ、用件は何か先に言って。」と返すも、「見て欲しいものがあるから、とにかく来て。」としか答えません。何か生き物でも捕まえたのかな。W君は外に出て行きます。センター裏の物置をゴソゴソ・・・。この物置は、イベント時に使う格納式の長椅子とテーブルが入っています。こんなとこで何か飼っているのかな。
「これです、自分で作った。出来具合はどう?」
 河原の石と竹で作った、石槍でした。先端を割った竹棒に尖った石を固縛した、まんま原始的な作りですが、良くできていました。(すみません、画像撮り忘れました。)
「ちゃんと固定できとるやないか、上出来やな。」
W君は満足そうにしていました。

 男の子数人が僕の自転車を観察しています。走行情報の表示器を指差し、「これ何が映るん?」と聞かれました。「スピードとか・・・まぁいろいろなデータよ。」と回答したのですが、それを聞いていたW君から全く想定外な反応がありました。
「デートやって~、うわーデートや、デート、デート!」
 ・・・(´д`)。そいう時期です。

 ホールに戻ると、半分程の子は夕食を終えていました。空いた席で帰りのエネルギーを補給します。今日のは固形タイプ。美味いものではありませんが、子供ってのはこういうものを欲しがりますね。「ちょっとだけで良いからちょうだい!」いやいや、ちょっとって言うけど結局16人分だろって。帰路ガス欠は辛いので、事情を説明し勘弁してもらいました。

 「これ細い? ねえ細い?」
 誰か女の子に声をかけられました。(すみません、名前はまだ全然一致しません。)
 「細い?何の話よ?」「手首。」
 手首の細さってことね。
 「持ってみて。」

180418_2
ほそっ!

 細さのアピールってのは新しいな。

 結局何だか良く分からない手首の話題が終わると、別の子が僕に訴えてきました。
 「聞いてください、この人、いちいち女子に意地悪するんです。」
 なんですと!? どうやら女子4人が同じ意見みたいで、傍らで頷いています。

180418_3
ヘルメットおじさんに被害を訴える女の子たち。

 言われた本人(苦笑)が近くに居たので、直接事情聴取(?)してみました。
「きみ、何か言われよるぞ、要らんことしよんやろ~。」
「・・・いや、盛っとるんよ。」
 女子たちは大げさに言っているだけで、意地悪なんかしてないという供述(?)です。
「でも、程度はともかく何かしよるんやな?」
「・・・(苦笑)。」
 何かちょっかいは出しているらしい(w。
「男子はな、女子に優しくするもんだ。今日から女子が嫌がることは慎めよ。OK?」
「・・・(苦笑)。」

 これって多分、急に異性の家族ができたことに対する照れでしょうね。どう振る舞って良いか分からないから故の、余計なちょっかいでしょう。程なく高市家族になって、仲良しになると思います。

----------

 さて、帰途も1時間少々掛かりますので長居はできません。C長に挨拶をして帰り支度をします。KK姉妹の家も覗いて帰らなきゃ。「K萌ん家寄るけん、帰ろうわい。」A智君、「おれも行く、おんぶして連れてって。」だって。自転車専用靴だから、おんぶとか無理やけん(^^;。

180418_5
C長と、あと何人か見送りに出てきてくれました。有難うございます。

 うん?何それ?

180418_4
この子は誰だっけ。アマガエルを飼っていました。

 「今度来るとき、カエルのエサ買って来て。」だって。せっかく自然豊かな高市でカエル飼うのに、下界からエサ買って来てどうするんだって。自分で小さい虫なんかを捕ってくるよう言っておきました。

 「じゃあね~ばいばい。」

----------

 KK姉妹の家に寄ります。我が家の長男次男が初めて留学したときからの長い付き合いです。呼び鈴を押すと、姉妹はすぐ出てきてくれました。地面にお絵かきしていますねえ。

180418_6
いや、君も随分大きくなったけど、それ乗るのは無理だって。

 新年度のことも聞きたかったんですけど、時間が無いので5分でお別れ。また今度ね。

----------

 19:05高市発です。意外に寒いので上着を羽織ります。気温計を見ると8.1℃でした。上尾峠は6.3℃、寒いよ~。おいおいピンポイント天気予報、話が違うじゃないか(^^;。身体が冷えないよう、極力カッ飛ばして帰宅です。

 あ~しんど楽しかった。今年度も子供らと楽しく遊べそうです。宜しくお願いします。