高森三島神社 秋祭り 少し調べてみました。 

舎儀利  
本来は笛の譜名でしたが、芝居の鳴り物として使われるようになり、神事に取り入れ
御輿の渡御に先立ち提婆(鬼人)とともに道祓い、悪魔祓いの意味をもつようになった。
舎儀利は、高市のほか隣接する中山、内子にも残っているようです。
IMG_3933

ところで提婆とは?
愛媛の地元では「鬼」のことを「ダイバ(提婆)」とか「ダイバン(大藩)(大蛮)」と呼ばれることが多いです。       
お祭りに出てくる「鬼」の手に持っているものは、「鬼に金棒」ではなく、ささら竹。               
これで体のわるいところを叩かれると治るとか、無病息災だとも言われます。
また、ダイバというのは仏教で釈迦(シャカ)の修行の邪魔をしていた提婆達多(ダイバダッタ)に由来するのかも。  神教と仏教が融合?  なんとも日本的ですね!
JPG 戒勇ましい装束に足袋、下駄履き

お練り   
舎儀利に続いてお練りの一行がお旅所を目指します。
これが(お旅練り)といわれるもので舎儀利を先頭に提婆、狐、猿、猟師、爺、孫、お福(オヤス)、〈成前〉獅子の順に並んで練りながら進行(順番は変わるのかな?)
IMG_3981

巫女神楽(鈴神楽)  
お旅所の祭壇前で二人の巫女による「浦安の舞」の奉納
荘重典雅な女舞  凛とした気持ちになります。
IMG_4021

浦安の舞とは?
1940年(昭和15年)11月10日に開かれる「皇紀2600年奉祝会」にあわせ、全国の神社で奉祝臨時祭を行うにあたり宮内庁で作られました。
奉祝会当日、午前10時には全国の神社で一斉に奉奏された。それ以来いまでも盛んに舞われる巫女舞です。
全国共通です。
浦安の舞は一人舞、二人舞、四人舞で舞われる。正式には四人舞だそうです。
前半の扇舞と後半の鈴舞があります。

歌詞は?
1933年(昭和8年)昭和天皇御製
天地(あめつち)の神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を が神楽の歌詞となっている。
平和を祈った歌ですね。

浦安の意味は?
うらは心を指す古語であり「うらやす」で心中の平穏を表す語であるとされるそうです。
平和を祈る心の舞となりますね。

余談ですが、当時全国各地で講習会が開かれたそうです。外地の神社(朝鮮、台湾)にも講師を派遣したそうです。
その全国規模の講習会と奉奏の徹底は神社における神楽舞の普及に貢献したみたいですね。
今なお受け継がれています。


獅子舞
本村(成前)獅子舞は広田の他の地区より早く(江戸末期)取り入れられてたといいます。

お旅所では獅子や爺さんたちが演じる場所である庭場にむしろを敷きます。
演目は「山焼き」
登場するものは雌雄各1頭の獅子に爺、お福、孫、狐2匹、猿、猟師が演じる。
一年の畑作の様子を模した一連の所作が演じられ、悪さをする猿を猟師が退治して幕を閉じる。

爺さんが苦労して開墾し種をまいて用事が無くなったて寝ていると猿が出てきて畑を荒らすので猟師に頼んで退治をしてもらう。
IMG_4033
IMG_4048
成前獅子(庭獅子)は狐が操る雌雄2頭の舞獅子
JPGkai
鴨滝かまだき獅子(乱獅子)は二人で1頭の獅子を遣う二人立ちの獅子舞です。
雄獅子と子役の演ずる猟師 今年は獅子の後役でM先生大熱演でした。
IMG_4146
猟師が退治!脇差しがなんとも!
P1050349
成前獅子と鴨滝獅子の違いわかりますか?
鴨滝獅子は前掛け(笑)いえ赤腹ですね。
松山の獅子舞の獅子と同じですね。松山や砥部方面より伝わったのかも?
舎儀利、成前獅子は中山から伝わったという話も
最後に収穫そして餅まきへとIMG_4163
お約束のごとく、猿はまた猟師に退治されるのでした。
IMG_4193













猟師の鉄砲は2回目で命中です。

高市では
鴨滝を1組、成前地区を2組、3組、4組、石野を5組、谷、山谷(さんごく)、切迫(きりさこ)を6組と分け
祭りの分担をしていたそうです。 

砥部町のHPに、今年の祭りの動画がありましたので載せときます。玉谷、広田ときて後半高市です。
なんと全体の半分
http://www.town.tobe.ehime.jp/uploaded/attachment/12523.mp4

山村留学の児童を毎年1から指導してくださる地元地域の方々には苦労が絶えないと思います
留学児童にとっては、初めて見る祭り その祭りに参加ですからね。
町内会で提灯行列で地域を練り歩く程度?だったのが、なんと・・・ですから
子供にとって、いい経験です。

また、込み入った演技などは簡素になっていったと思います。

地方の祭りが休止や廃止になっている昨今。ここ高市ではこのまま伝承していって欲しいものです。

来年は日曜日にあります。

祭りの背景や大意がわかれば少し違った見え方もあるのでは?



いろいろと調べては見ましたが情報が古く、現状と相違があればコメント下さい。

by 赤鯉