高市山村日記

愛媛県伊予郡砥部町高市にある「砥部町山村留学センター」の、非公式連絡ブログです。 現留学生関係者は勿論、OB・OGや保護者の方、学校・センター教職員の方も是非御参加ください。

高市山村日記へようこそ。子供も親も元気になる高市の山村留学。子供たちを満たし成長を促すその実力と、日々のできごとをそのままご紹介します!

★ 高市の山村留学をご紹介  高市での生活ってどんな感じ?
★ 留学生保護者のインプレ   実際留学させてどうだった?
★ 山村留学 始まりの瞬間   子どもが「行く」と言ったとき
★ よくある質問   山村留学を検討中の保護者さんへ



※ 高市小学校は、平成28年度で閉校しました。
平成29年度からの高市の山村留学は、新生・広田小学校で継続いたします。
(バス通学で約6分です)

当ブログの平成28年度までの情報は、高市小学校と連携した状態での山村留学制度に関するもです。平成28年度の山村留学に限定した情報として御利用ください。

コクゾ峰・高市ルート探索。番外編

 仮管理人N田です。

 炭焼き体験の窯出し作業が大変早く完了したので、コクゾ峰のルート調査へ行くことにしました。今回は西側主稜線ルートではなく、山頂北側直下へ至る林道を詰めてから直登する予定としていました。出発直前、3男R地とE美さんが同行を希望。計画では行程の殆どが自動車ですが、ラストは短いながら藪漕ぎが予想されます・・・まぁ2人なら乗れるし、入れそうになかったら遊びに行ったことにすれば良いか。

 前回徒歩で1時間以上を要した林道は、自動車なら楽々です。途中まで舗装林道を辿り、調査済みのダートへ入っていきます。道は少しずつ悪くなるものの、しっかりしていて4WDなら問題ありません。予定通り北側斜面から高度を稼いでいきますが・・・随分進んで行き止まりになりました。想定場所付近まで入ったので山頂は遠くない筈なんですけどね、子供と一緒では藪漕ぎ調査は無理です(^^;。遊びに切り替え、前回調査したルート付近へ向かいました。
続きを読む

炭焼き体験・窯出し作業

 仮管理人N田です。

 地元Mさんのお世話で先日焼かせて頂いた炭の窯出しということで、覗きに行ってきました。スケジュール的には09:30センター着で充分の筈でそのくらいに到着しましたが、炭焼き釜付近には既に人影が! 減速すると、留学生の何名かが手を振ってくれました。

151121_1
既に搬出が始まっています。上級生が上手に積み付け。

 窯は狭いため、窯出し作業体験は順番です。粉塵で鼻や口が真っ黒になりますが、男の子はお構いなしで「次おれな!」と窯へ突入。E美さんは撮影係とのことでした。

151121_2
天井が低いため、トタン波板に載せて搬出します。

 子供とはいえ人数が居るので、作業は大変はかどりました。

151121_4
体育館脇の物置に集積。

151121_5
大物はバラで運びます。

 151121_3
立派な木炭が沢山できました。

 屑炭を清掃し作業終了。Mさん有難うございました。
 この直後、一時的に留学生が見当たらなくなりました。センター奥から声が聞こえますが、姿は見えず・・・あっ、真っ黒になった身体を洗っているのか(^^)。

151121_6
物干し係が洗濯物を干していました。

 「あっという間に終わったな~」と、センター長。今日は特に予定無しとのことで、のんびり過ごすようです。

登校指導②

11月20日(金)くもり
DSC_0700

今日は11月2回目の登校指導でした。こども達がマスクをしていますが、今週月曜から風邪予防の為、学校全体でマスクを着用しているそうです。
DSC_0705

砥部町役場から借りてきたとべっち号。
今日は、高市の生花農家さんMさんのビニールハウスに、お花の栽培の見学に行ったそうです。今の時期はデルヒニウムとトルコききょうを作ってるそうです。大阪、東京、名古屋に出荷してるそうです。
yjimage

こどもに詳しい事を知りたいので、「プリントはなかったの?と聞くと「ない…」「どぅいう、お話だった?」「ビニールハウスのお花みにいったけど、よく覚えてない」けど「きれいだったよ♪」
m(。≧Д≦。)m
DSC_0707

ハウスに落ちていた、トルコききょうをお土産にもって帰ってきました。Fuku
高市山村日記
最新コメント
記事検索
お気軽にお問い合わせください

砥部町山村留学センター
089-969-2310
メールでのお問い合わせはこちら
メッセージ
  • ライブドアブログ