高市山村日記

愛媛県伊予郡砥部町高市にある「砥部町山村留学センター」の、非公式連絡ブログです。 現留学生関係者は勿論、OB・OGや保護者の方、学校・センター教職員の方も是非御参加ください。

高市山村日記へようこそ。子供も親も元気になる高市の山村留学。子供たちを満たし成長を促すその実力と、日々のできごとをそのままご紹介します!

★ 高市の山村留学をご紹介  高市での生活ってどんな感じ?
★ 留学生保護者のインプレ   実際留学させてどうだった?
★ 山村留学 始まりの瞬間   子どもが「行く」と言ったとき
★ よくある質問   山村留学を検討中の保護者さんへ



※ 高市小学校は、平成28年度で閉校しました。
平成29年度からの高市の山村留学は、新生・広田小学校で継続いたします。
(バス通学で約6分です)

当ブログの平成28年度までの情報は、高市小学校と連携した状態での山村留学制度に関するもです。平成28年度の山村留学に限定した情報として御利用ください。

魅力凝縮! 高市山村名言集。

 仮管理人N田です。

 高市小学校と山村留学制度に関する名言を集めてみました。
 ※記事や日常から随時収集し、更新してまいります。

----------

高市小学校長:
「勉強面は安心してお任せください、ここでは落ちこぼれはありません。」
 こんな校長の率いる小学校へ行かせてあげたいと思いますよね。

高市小学校教諭:
「表情だけで何を考えているのか分かります。」
 親も顔負け。少人数故の、児童との距離の近さを実感します。

砥部町山村留学センター長:
「ここでは我がままは一切通りません。我がままは必ず直ります。」
 沢山の留学生を送り出してきた経験と実績による、説得力のあるひと言です。

留学生保護者:
「親が寂しいのは子供に関係無い。」
 やっぱり子供の意思は最優先。尊重されて然るべきですね。
「センターの子供たちは、ほっといても勝手に遊びます。」
 雑多な誘惑の無い高市で暮らすと、発想・工夫・応用力を自然と身に付けていきます。
「こらこら、火遊びは真面目にやれ。」
 地元行事等で薪や炭を取り扱う機会があるため、火の扱いにも慣れてきます。
「高市にいつまでも子供の声が響きますように・・・」
 一旦お世話になればもう部外者ではありません。地元への願いがこもっています。

山村留学生:
「台風で学校が休みになり喜んでいると、先生がプリントを山ほど持って現れたんだ。」
 学校隣接ならではの情景ですね。頑張れ子供たち!
「高市の生活ってめっちゃ楽しいけんな、飯の時間忘れて何回も寮母に怒られたわ。」
 5・6年生を過ごしたM君が、中学生になって高市時代を振り返った際の言葉です。
「ねえ、お菓子どこに隠したら寮母にバレんと思う?」
 信用してくれるのは結構ですけど、保護者に相談することじゃないですよね(笑)。

地元児童:
「私はいつでも準備OKなのに、いっつもインタビューしてくれない。」
 留学生の取材に来た記者は、地元児童にマイクを向けてくれません。気持ち分かるよゴメンね。

地元保護者:
「小学1年生に、これほどのことが出来るなんて。」
 学習発表会で、40分に及ぶ演目を無事果たし切った1年生のお父さんの、感激のひと言です。

その他:
「センターは地域の宝。今後も町として大切にしていきたい。」
 H27年度入所式の際に、佐川秀紀 砥部町長が述べた言葉です。

「これほど力の入った学習発表会はそうそう観られるものじゃありません。」
 H26年度の学習発表会を観覧された、20数年前の高市小学校教頭さんの言葉です。
「児童にとって高市の環境はひとつの理想形です。」

 高市の実際を知る人にとっては納得の、現PTA会長さんの言葉です。
「何回手を挙げても当ててくれない。」「運動会がつまらない。」
 山村留学後、地元小学校に戻ったK君の不満。都市部の学校は人数多いからねえ。

----------

 良い名言がありましたら、一行コメントとともにお知らせください(^^)/。

愛媛新聞の募集記事

本日(平成27年11月26日)の愛媛新聞に、

またまた募集記事が掲載されていました(^^)



今回、子供達の写真は掲載なしですが、

さすが!紹介内容は上手くまとまっていますね〜(^-^) 

参考にしよーっと、笑。

今晩はぐんと冷えて雨が降ってきましたね、

高市はいよいよ雪カナ…?


by浜ちゃん

松山市内から「山奥」と言われてしまう「高市」までどうやっていくのか?

こんにちは。
県外からの留学生の母ハタです。


今回は、
松山市内から「 山 奥 」と言われてしまう「高 市」まで
どうやっていくか?について、明らかにしたいと思います。 


ズバリ結論から言うと、
高市までいく公共交通機関はありません


なので、私は松山市内でレンタカーを借りて高市に向かいます。
市内中心部から国道379号線を通って、約1時間くらいです。
2012年に新しいトンネルが開通して少し近くなりました。



どう説明しようかと思っていたら、
youtubeにいつも通っている国道379号線の動画がありましたので、
お借りしました。




この動画の14分51秒の地点を右に曲がっていくと高市地区に到着します。




これだけでは、さみしいのでおまけに13分47秒の地点ででてくる
「道の駅ひろた」で売っている私のお気に入りを紹介します。

11149544_10206270056980363_4058583239771701580_n
愛媛産「みかんはちみつ」です。
ここでは、西洋ミツバチの蜂蜜だけではなく、
貴重な日本ミツバチの蜂蜜を手に入れることができます。
一般に売っている外国産の蜂蜜とは異なる、
深い味わいの蜂蜜をぜひ楽しんでみてくださいね。
高市山村日記
最新コメント
記事検索
お気軽にお問い合わせください

砥部町山村留学センター
089-969-2310
メールでのお問い合わせはこちら
メッセージ
  • ライブドアブログ